インタビュー
2019年6月22日

ダニール・トリフォノフ(聞き手:エゴール・エゴルキン) (17分)

スクリャービンのピアノ協奏曲は演奏される機会こそ極めて稀ですが、この作品が持つファンタジーと感情表現のニュアンスの豊かさは比類のないものがあります。今回独奏を務めたのは2018/19年シーズンの「アーティスト・イン・レジデンス」ダニール・トリフォノフ。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのピッコロ奏者、エゴール・エゴルキンです。

コンサート