インタビュー
2019年3月18日

イェルク・ヴィットマン(聞き手:ドロテーア・シュレーダー) (12分)

ユンゲ・ドイッチェ・フィルは、ドイツ有数のユース・オーケストラです。今回は、作曲家イェルク・ヴィトマンを指揮者に迎えていますが、スペシャルなのは、彼が作曲家、指揮者、クラリネット奏者として登場すること。自作の「ミサ曲」を振るほか、彼が編曲したメンデルスゾーンのクラリネット・ソナタを自ら独奏し、さらにシューマンの「交響曲第2番」を指揮しました。シューマンは、彼の愛してやまない作曲家でもあり、まさにヴィトマン節が全開。演出家のドロテーア・シュレーダーがインタビューの聞き手を務めています。

コンサート