トン・コープマン(聞き手:ジョナサン・ケリー)

オランダの古楽指揮者、チェンバリスト、オルガニストのトン・コープマンが、バッハのミサ曲ロ短調を指揮しました。当作は、バッハが自己の芸術の到達点としてより普遍的なラテン語のミサ定型文に作曲したものであり、彼の強い思い入れが表れていると考えられています。コープマンは、すでに2010年1月にベルリン・フィルでバッハ作品を取り上げていますが、今回は大作での登場。生き生きとした、生気溢れるバッハを聴かせています。インタビューの聞き手は、ソロ・オーボエ奏者のジョナサン・ケリーです。

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー