インタビュー
2019年12月4日

クリスティアン・ティーレマン(聞き手:アレクサンダー・イヴィッチ) (15分)

R・シュトラウスの音楽を得意とするクリスティアン・ティーレマンによる、オール・シュトラウス・プログラムです。16管楽器のためのソナチネ第1番、ヘルダーリンの詩による3つの讃歌(ソプラノ独唱はアニヤ・カンペ)という比較的珍しいレパートリーの後に、シュトラウス最大のヒット作の一つである《ばらの騎士》組曲が奏でられます。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルの第1ヴァイオリン奏者、アレクサンダー・イヴィッチです。

コンサート