ヴィオッティがマーラーの交響曲第3番を指揮、ソリストはガランチャ

当公演を指揮する予定だったヤニック・ネゼ=セガンのキャンセルにより、ロレンツォ・ヴィオッティがベルリン・フィルに代役デビューを果たしました。演目はマーラーの交響曲第3番。マーラーの交響曲の中でもっとも長いこの作品は、自然を主題にしており、世界のパノラマとでもいうべき壮大なスケールを持っています。メゾソプラノの独唱は、エリナ・ガランチャです。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ロレンツォ・ヴィオッティ

エリナ・ガランチャ

コンサート解説

© 2020 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー