インタビュー
2021年6月3日

サカリ・オラモ(聞き手:パク・キョンミン) (7分)

2006年、キム・ソヌクはリーズ国際ピアノコンクールにて、アジア人初のピアニストとして弱冠18歳で優勝を果たしました。ベルリン・フィル・デビューとなる今回の公演で、彼はチン・ウンスク作曲の官能的なピアノ協奏曲の独奏を務めました。後半では、サカリ・オラモがシベリウスの神秘的で詩的な交響曲第2番を指揮しています。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのヴィオラ奏者、パク・キョンミンです。

コンサート