お試しキットで新シーズンを無料体験! 今すぐ申し込もう:7日チケットとシーズン・プログラム冊子をもれなくプレゼント 全員プレゼントに申し込む
インタビュー
2020年12月21日

キリル・ペトレンコ(聞き手:ユリア・ガルテマン) (12分)

ペトレンコ指揮によるジルベスター・コンサート2020では、聴き手を南の太陽の下へと誘います。まずはスペインへ。ファリャのバレエ音楽《恋は魔術師》に加えて、ギターの名手であるパブロ・サインス・ビジェガスがロドリーゴの「アランフェス協奏曲」を披露します。ヴィラ=ロボスの《ブラジル風バッハ》で南米に回り道した後、リムスキー=コルサコフの「スペイン奇想曲」ではロシア風味により南欧の雰囲気が生き生きと描かれます。冒頭には生誕250年のベートーヴェンへのオマージュとして、《レオノーレ》序曲第3番を演奏。大晦日を華やかに彩りました。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのヴィオラ奏者、ユリア・ガルテマンです。

コンサート