ダニエーレ・ガッティ(聞き手:アレクサンダー・イヴィッチ)

ダニエーレ・ガッティ指揮の演奏会では、2人のロシア人作曲家の初期作品が取り上げられました。ストラヴィンスキーのバレエ音楽《ミューズを率いるアポロ》では、生き生きとした古典主義の雰囲気と1920年代のゆるやかな都会のライフスタイルとが結びついています。もう一つのショスタコーヴィチの交響曲第5番は、対照的に19世紀音楽の美学に刻印されていると言えるでしょう。表向きには社会主義へのオマージュを装いながら、作曲家は「強制された歓喜」だと考えていました。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのヴァイオリン奏者、アレクサンダー・イヴィッチです。

© 2020 Berlin Phil Media GmbH

関連コンサート

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー