インタビュー
2020年12月18日

チョ・ソンジン(聞き手:パク・キョンミン) (8分)

チョ・ソンジンは幅広い音色のニュアンスと卓越したテクニックに加え、思索性と豊かな感情表現を持ち合わせた若手ピアニストです。その彼が、今回ベルリン・フィルとリストのピアノ協奏曲第2番を共演しました。指揮はアンドリス・ネルソンス。2010年のデビュー以来、ベルリン・フィルとは数多く共演してきたネルソンスですが、ここで初めてベートーヴェンを指揮しています。演目は、《コリオラン》序曲と交響曲第5番。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルのヴィオラ奏者、パク・キョンミンです。

コンサート