「黄金の20年代」の音楽

「黄金の20年代」の音楽
  • クルト・ヴァイル
    声楽と器楽アンサンブルのための《オイル・ミュージック》 (7分)

    ベルリン・フィル団員

    HK・グルーバー

    HK・グルーバーシャンソン歌手

  • フェルッチョ・ブゾーニ
    フルートと管弦楽のためのディヴェルティメント変ロ長調 (9分)

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

    ダニエル・バレンボイム

    エマニュエル・パユフルート

  • パウル・ヒンデミット
    朝7時に湯治場で二流のオーケストラによって初見で演奏された《さまよえるオランダ人》序曲(弦楽四重奏のための) (10分)

    ベルリン・フィル団員

    サー・サイモン・ラトル

  • アルバン・ベルク
    弦楽オーケストラのための《抒情組曲》から3つの楽章 (20分)

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

    ダニエル・ハーディング

  • リヒャルト・シュトラウス
    歌劇《インテルメッツォ》より4つの交響的間奏曲 (29分)

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

    クリスティアン・ティーレマン

  • アルノルト・シェーンベルク
    映画の一場面への伴奏音楽 (10分)

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

    サー・サイモン・ラトル

  • クルト・ヴァイル
    《闇の女》より交響的夜想曲(ロバート・ラッセル・ベネット編曲による組曲) (16分)

    ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

    キリル・ペトレンコ

このプレイリストでは、「黄金の20年代」と呼ばれた1920年代、いかに型破りな作曲が行われていたかをご紹介しています。例えば、ヴァイルは石油産業についての歌曲を書き、シェーンベルクは存在すらしない映画の音楽を書き、ヒンデミットは《さまよえるオランダ人》序曲が早朝の湯治場で二流のオーケストラによってどのように演奏されたかを楽譜に書き留めました。オンライン・フェスティバル「黄金の20年代」に際して、このほかR・シュトラウス、ベルク、ブゾーニの作品をお聴きいただけます。