探究と信条:クラシック音楽におけるアイデンティティ

首席指揮者キリル・ペトレンコとベルリン・フィルによる2022/23年シーズンのプログラムの中心となるテーマは、アイデンティティです。「自分は何者か、何者でありたいか、何者でありうるか」、この問いは今日に至るまで自問自答され続けてきたといえるでしょう。モーツァルトやベートーヴェンなどの作曲家も、作品内でこのような問いを探求しています。さまざまな方法で応えてくれる音楽を紹介しています。今シーズンの幕開けを飾ったペトレンコ指揮によるマーラーの交響曲第7番のほか、この新しいプレイリストでは「アイデンティティ」というテーマに沿ったさまざまな作品を紹介します。

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー