ソヒエフがチャイコフスキー《白鳥の湖》を指揮

チャイコフスキーのバレエ《白鳥の湖》の音楽は、輝くような優雅さと、悲劇的なおとぎ話の筋書きの暗い色調の対比から生み出されました。指揮を務めるトゥガン・ソヒエフは、楽曲全体の中から特に感銘深い曲を選びました。フランス・ロマン派、ラロのチェロ協奏曲でも、劇的な緊張感と美しさが邂逅しています。独奏パートを歌い上げるのは、ベルリン・フィルの第1ソロ・チェリスト、ブリュノ・ドルプレールです。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

トゥガン・ソヒエフ

ブリュノ・ドルプレール

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー