コンサート

コンサート解説

2010/11年シーズン、ベルリン・フィルではロシア音楽をテーマのひとつとしていますが、現代ロシア指揮界を代表する存在として真っ先に挙がるのが、ヴァレリー・ゲルギエフでしょう。2000年以来、実に10年ぶりのベルリン・フィルとの共演となりました。今回はムソルグスキーの傑作《展覧会の絵》がメイン。作曲家が友人の画家・建築家ハルトマンの作品に霊感を得て書いたこの作品は、本来ピアノ作品ですが、様々な指揮者や作曲家が管弦楽化を試みています。ゲルギエフは、最も広く親しまれているラヴェル編曲版で演奏。また彼は、シチェドリンの珍しい管弦楽作品「交響的ディプティク」も取り上げます。これはベルリンはおろか、ドイツで一度も上演されたことのない作品であり、興味深いものとなることが予想されます。

またラフマニノフの「ピアノ協奏曲第3番」では、デニス・マツーエフがベルリン・フィルにデビューしました。マツーエフは、1998年にチャイコフスキー・コンクールに優勝してから、国際的に知られるようになったイルクーツク出身のピアニストです。あらゆるピアノ作品のなかでも最も難易度が高いとされる本作で、どのような演奏を聴かせるのか、ぜひお聴きください。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー