ゲルギエフとグリモーがベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番で共演

クラシック音楽界において、とりわけ高い人気を誇る2人のアーティストがベルリン・フィルの定期演奏会に登場しました。フランス人ピアニストのエレーヌ・グリモーと、マリインスキー劇場の芸術監督を務めるロシア人指揮者のヴァレリー・ゲルギエフ。2人の共演によるベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番、そしてプロコフィエフの知られざる傑作、交響曲第6番をお聴きください。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ヴァレリー・ゲルギエフ

エレーヌ・グリモー

コンサート解説

© 2015 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー