復活祭特別キャンペーン 4月22日まですべてのチケットが10%割引!

2011年1月21日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

  • ガブリエル・フォーレ
    組曲《ペレアスとメリザンド》 op. 80 (19分)

  • ローベルト・シューマン
    交響曲第2番ハ長調 (43分)

このコンサートは、契約上の理由によりライブ中継されませんでしたが、アーカイブ映像として視聴が可能になりました。ここでは、サー・サイモン・ラトルがフォーレの《ペレアスとメリザンド》とシューマンの交響曲第2番を指揮しています。

フォーレの《ペレアスとメリザンド》は、ラトルとしては比較的珍しいプログラムで、ベルリンでの演奏は今回が初めてとなります。もともとフランスものを得意とする彼は、ここでもシルキーなサウンドをベルリン・フィルから引き出し、好調ぶりを見せています。一方、シューマンの交響曲は、2シーズン前にも様々な指揮者の手により全曲が取り上げられました。この時ラトルは交響曲第4番(1841年版)を振ったのみですが、今回はシューマンの交響作品としては比較的難解とされる交響曲第2番にチャレンジしています。まだCD録音されていないレパートリーであり、現在きわめて成熟した関係にあるベルリン・フィルとのコンビで聴けることは、大きな喜びです。

EMI Sir Simon Rattle appears by kind permission of EMI Classics.

 

 

 

 

Schumann cycleシューマン交響曲全集(CD/BD)をオンラインショップでお求めください。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する