2011年11月5日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

  • ヘルムート・ラッヘンマン
    オーケストラのためのタブロー (15分)

  • グスタフ・マーラー
    交響曲第9番ニ長調 (91分)

  • 無料映像

    インタビュー/ヘルムート・ラッヘンマン(聞き手:キャサリン・ミリケン) (13分)

2011年11月22日から、ベルリン・フィルの3年ぶりの日本公演が行なわれました。その主要演目のひとつであるマーラーの「交響曲第9番」がまずベルリンで取り上げられ、デジタル・コンサートホールで中継されています。これはラトルのマーラー・ツィクルスの大詰めをマークするものでもあり、シリーズのなかでも特に成果が期待されました。ラトルの円熟、そしてベルリン・フィルとの関係の成熟が、新しい時代の名演を聴かせてくれるに違いありません。

マーラーは、2011年の死の1年前にこの作品を完成させました。この時期彼は、「交響曲第8番」を初演してキャリアの頂点にあり、ニューヨーク・フィルの首席指揮者としての前途も開かれていました。それゆえ、必ずしも悲劇的な状況にあったわけではありません。しかし当作の作風は、まぎれもなく悲哀と死の影を湛え、聴く者の心を深く打ちます。その含蓄の深さ、感情表現の密度は、マーラーの作品のなかでも特別なレベルにあると言えるでしょう。

プログラムの前半には、ドイツを代表する現代作曲家、ヘルムート・ラッヘンマンのオーケストラのための《タブロー》が演奏されました。ラトルも敬愛してやまないこの作曲家は、この年の10月27日にドイツ連邦共和国功労勲章を受章したばかりでした。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する