お試しキットで新シーズンを無料体験! 今すぐ申し込もう:7日チケットとシーズン・プログラム冊子をもれなくプレゼント 全員プレゼントに申し込む

黄金の20年代:ティーレマンがヒンデミット、シュトラウス、ブゾーニを指揮

2021年2月27日
オンライン・フェスティバル:黄金の20年代

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クリスティアン・ティーレマン

カミッラ・ニュールント

  • パウル・ヒンデミット
    歌劇《今日のニュース》序曲 (8分)

  • フェルッチョ・ブゾーニ
    管弦楽のための踊りのワルツ (13分)

  • ヨハン・シュトラウス2世
    ワルツ《芸術家の生活》 (11分)

  • リヒャルト・シュトラウス
    6つの歌曲(声楽と管弦楽のための版) (21分)

    カミッラ・ニュールントソプラノ

  • リヒャルト・シュトラウス
    男声合唱と管弦楽のための連作歌曲集《1日の4つの時》 (26分)

    ベルリン放送合唱団

  • 無料映像

    クリスティアン・ティーレマン(聞き手:オリヴァー・ヒルメス) (16分)

オンライン・フェスティバル「黄金の20年代」を締めくくったのは、クリスティアン・ティーレマン指揮の演奏会です。パロディックなオペラ《今日のニュース》で自身の音楽とジャズの要素を融合させたヒンデミット、ロマン主義とモダニズムの架け橋となったブゾーニ、そして管弦楽伴奏付きの歌曲や連作歌曲集《1日の4つの時》で後期ロマン派の豊かな音楽言語を育んだR・シュトラウスという、3つの対照的な世界が披露されました。R・シュトラウスの歌曲では、ソプラノのカミッラ・ニュールントが独唱を務めています。

映像を観る

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第9番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する