特別キャンペーン
12ヵ月チケット購入者全員に、K・ペトレンコ指揮ベートーヴェン「第9」の特典CD/DVDをプレゼント!
注文はこちらから

2011年2月5日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

ナタリー・シュトゥッツマン

  • ヨハネス・ブラームス
    《ハープが豊かに鳴り響く》 (4分)

    ベルリン放送合唱団女声団員, サイモン・ハルシー合唱指揮

  • フーゴー・ヴォルフ
    《妖精の歌》 (6分)

    アンケ・ヘルマンソプラノ), ベルリン放送合唱団女声団員, サイモン・ハルシー合唱指揮

  • グスタフ・マーラー
    交響曲第3番 (109分)

    ナタリー・シュトゥッツマンアルト), ベルリン国立大聖堂児童合唱団, ベルリン放送合唱団女声団員, サイモン・ハルシー合唱指揮

  • 無料映像

    サイモン・ハルシーによる楽曲解説 (15分)

2010/11年シーズンのサー・サイモン・ラトルとベルリン・フィルのマーラー・ツィクルスも第3回目を迎え、ここでは交響曲第3番が取り上げられました。このコンビが同曲を演奏するのは、今回が初めて。ソリストには、日本でも人気の高いナタリー・シュトゥッツマンが登場します。

交響曲第3番は、マーラーの作品のなかでも最長に属する作品で、第1楽章だけでもベートーヴェンの《運命》を上回る長さを誇っています。ポピュラリティの面では、必ずしも頻繫に演奏される曲ではありませんが、感動的なフィナーレをはじめとして、多彩で複合的な内容を持った大作と言えます。ベルリン・フィルは、実際の初演の5年前に当たる1896年に、アルトゥール・ニキシュの指揮で第2楽章を試演しています。その意味でも、ゆかりの深い作品です。

プログラムの前半には、マーラーが若い頃にウィーンで活躍していたふたりの作曲家、ブラームスとヴォルフが演奏されます。ブラームスは伝統主義、ヴォルフはワグネリアンと対立する陣営でしたが、マーラーはその両方に関心を寄せていたと言われます。その意味でこのコンサートは、両者を結びつけるものとなるでしょう。

EMISir Simon Rattle appears by kind permission of EMI Classics.

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する