ラトルのシューマン&ブラームス・ツィクルス第2弾

シューマン&ブラームス・ツィクルスの第2弾は、2人の作曲家による交響曲第2番です。ベートーヴェンの〈第9〉を手本にしたというシューマンの交響曲と、ベートーヴェンの《田園》との関連性をよく指摘されるブラームスの交響曲。意外にも、ブラームスはこの牧歌的な作品に対して、「この新しい交響曲は、あなたが耐えられないほどメランコリックだ」とも語っていました。サー・サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルの演奏でお楽しみください。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

コンサート解説

© 2014 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー