コンサート

コンサート解説

ベルナルド・ハイティンクは、ベルリン・フィルで何十年にもわたりブルックナーを指揮してきました。このコンサートでは「交響曲第5番」を取り上げましたが、本作はブルックナーの生涯のなかでも、困難の時期を象徴するものです。当時彼は、作曲家として認められなかっただけでなく、ウィーン大学教授のポストも得ることができませんでした。また様々な結婚の計画も失敗に終わっています。作品は精緻な対位法と神聖なコラールのメロディーに溢れていますが、複雑な対位法には、実力を証明しようと躍起になる作曲家の姿が見えるようです。コラールは、ブルックナーの深い信仰を示すものですが、彼は人生の困難を、天上の響きによって克服しようとしたのかもしれません。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー