ハイティンクがマーラーの《大地の歌》を指揮

巨匠ベルナルド・ハイティンクがシューベルトの《未完成》とマーラーの《大地の歌》で客演しました。後者は、バリトン版による演奏。ベルリン・フィルの常連であるクリスティアン・ゲルハーヘルが、リート歌手としての能力を十全に示しています。テノール・パートは、近年ヘルデンテノールとして評価が高いクリスティアン・エルスナーが担当。枯淡の境地にあるハイティンクの自然体のマーラー、シューベルトに、身を清められるような深い感動を覚えます。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ベルナルド・ハイティンク

クリスティアン・エルスナー

クリスティアン・ゲルハーヘル

コンサート解説

© 2016 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー