2011年4月3日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
アラン・ギルバート

クリスティアンネ・ストティーン, エマニュエル・アックス

  • アルバン・ベルク
    7つの初期の歌 (19分)

    クリスティアンネ・ストティーンメゾソプラノ

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    ピアノ協奏曲第22番変ホ長調 K. 482 (43分)

    エマニュエル・アックスピアノ

  • イゴール・ストラヴィンスキー
    バレエ《火の鳥》全曲 (52分)

  • 無料映像

    インタビュー/アラン・ギルバート(聞き手:マシュー・ハンター) (15分)

 4月最初の演奏会では、グスターボ・ドゥダメルの客演が予定されていましたが、個人的な事情によりキャンセルを余儀なくされました。代りに、ニューヨーク・フィルの芸術監督を務めるアラン・ギルバートが指揮を担当します。ギルバートは、すでに2006年にベルナルド・ハイティンクの代役でデビュー。2009年にも再び客演し、マルティヌーの交響曲第4番ほかを振っています。

 モーツァルトのソロで登場するエマニュエル・アックスも、すでにベルリン・フィルとは長い関係を結んでいるピアニストです。1999年には、ヨーロッパ・コンサートのソリストとしてクラクフで演奏し、2005年のジルベスター・コンサートにも登場しています。2005/06年シーズンには、ベルリン・フィルのピアニスト・イン・レジデンスの任にもありました。

 今回の演奏会は、ふたり目のソリストが存在するという豪華さです。オランダのメゾ、クリスティアンネ・ストティーンは、今注目の若手のひとり。ベルリン・フィルでは、すでにクラウディオ・アバド等と共演しています。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する