ハーディングがマーラーの交響曲第10番を指揮!

ダニエル・ハーディングは、そのキャリアの初期、サー・サイモン・ラトルとクラウディオ・アバドという2人の偉大な指揮者の庇護の元にありました。現在はスウェーデン放送交響楽団の音楽監督、ロンドン交響楽団の首席客演指揮者などを務め、もっとも将来性豊かな若い世代の指揮者の一人に数えられるでしょう。今回演奏されたマーラーの交響曲第10番は、ウィーン・フィルやロサンゼルス・フィルのデビューといった、重要なキャリアの節目でハーディングが指揮してきた作品です。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ダニエル・ハーディング

コンサート解説

© 2013 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー