ペトレンコがドビュッシー、リゲティ、スルンカの新作を指揮

リゲティは、戦後の前衛音楽界を牽引してきた作曲家の一人に数えられます。本公演でキリル・ペトレンコが指揮する《アトモスフェール》と《ロンターノ》はリゲティの代表的な作品であり、そのきらめくような響きはリゲティの典型的な作風を表しています。また、ドビュッシーの交響詩《海》は、次から次へと音色が変化する音による絵画のような作品です。加えて、ペトレンコが2016年にミュンヘンで初演し大成功をおさめたオペラ《南極》の作曲家、ミロスラフ・スルンカの新作にもご期待ください。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

キリル・ペトレンコ

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー