2019年12月21日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ダニエル・ハーディング

フランク・ペーター・ツィンマーマン, クリスティアン・ゲルハーヘル

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    ヴァイオリン協奏曲ニ長調 (43分)

    フランク・ペーター・ツィンマーマンヴァイオリン

  • グスタフ・マーラー
    交響的楽章《花の章》 (6分)

  • グスタフ・マーラー
    《少年の魔法の角笛》より抜粋 (46分)

    クリスティアン・ゲルハーヘルバリトン

  • 無料映像

    フランク・ペーター・ツィンマーマン(聞き手:トビアス・メラー) (13分)

ダニエル・ハーディング指揮の演奏会では、ソリストの豪華さに目がくらみます。まずベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲の独奏を務めるフランク・ペーター・ツィンマーマン。自ら「ヴァイオリン協奏曲のエベレスト」と呼ぶこの作品をベルリン・フィルと30年ぶりに共演し、完璧無比な演奏を聴かせています。マーラーの《少年の魔法の角笛》のバリトン独唱は、かつてベルリン・フィルのアーティスト・イン・レジデンスも務めたクリスティアン・ゲルハーヘル。フォークソングのような親しみやすさとメランコリーの間を揺れ動くこの歌曲集で、「リート歌唱の白眉」(『デア・ターゲスシュピーゲル』紙)というべき時間を作り出しました。

映像を観る

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第7番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する