K・ペトレンコの代役でハーディングがマーラー「第6」を指揮!

この演奏会は、バイエルン国立歌劇場音楽総監督のキリル・ペトレンコで予定されていましたが、彼のキャンセルにより、ダニエル・ハーディングが指揮しました。ハーディングは、同曲を2013年に新日フィルで演奏したほか、2014年春には、バイエルン放送響でも取り上げたばかり。リハーサルの直前における決定だったにもかかわらず、彼はベルリン・フィルを完璧に統率し、圧倒的な名演を繰り広げています。必見!

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ダニエル・ハーディング

コンサート解説

© 2014 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金 クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー