ハーディングが《田園》と《抒情組曲》を指揮

ベルクは自作の「抒情組曲」を「偉大な愛への小さな記念碑」と表現しました。彼はすでに既婚者だったハンナ・フックスへの情熱を音楽的に符号化して、この極めて個人的な標題音楽を作り上げました。後半の演目は、やはり標題音楽であるベートーヴェンの交響曲第6番。鳥の鳴き声や小川のせせらぎなど、ベートーヴェンが自然への愛を表現した当作が、作曲家のメモリアルイヤーに際して、ダニエル・ハーディングの指揮で演奏されました。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

ダニエル・ハーディング

© 2020 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー