特別キャンペーン
12ヵ月チケット購入者全員に、K・ペトレンコ指揮ベートーヴェン「第9」の特典CD/DVDをプレゼント!
注文はこちらから

ロンドンでのヨーロッパ・コンサート1993はハイティンク指揮

1993年5月1日
ヨーロッパ・コンサート1993(ロンドン)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ベルナルド・ハイティンク

フランク・ペーター・ツィンマーマン

  • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
    幻想序曲《ロメオとジュリエット》 (22分)

  • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
    ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調 (24分)

    フランク・ペーター・ツィンマーマンヴァイオリン

  • イゴール・ストラヴィンスキー
    《春の祭典》 (34分)

  • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
    《くるみ割り人形》より〈花のワルツ〉 (8分)

1993年のヨーロッパ・コンサートは、ベルナルド・ハイティンク指揮により行われました。舞台となったのはロンドンのロイヤル・アルバート・ホール。古代の円形劇場を模したこの巨大なホールは、毎年夏に開催されるBBCプロムスの舞台としてもよく知られています。当時ハイティンクはコヴェント・ガーデンのロイヤル・オペラ・ハウスの音楽監督を務め、ロンドンではおなじみの存在でした。 プログラムはチャイコフスキーの幻想序曲《ロメオとジュリエット》で幕を開けます。モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番では、若きフランク・ペーター・ツィンマーマンが共演し、お得意のレパートリーでキリリと引き締まった端正な演奏を披露。後半はストラヴィンスキーのバレエ音楽《春の祭典》。ハイティンクは1980年代後半から90年代中期にかけて、ベルリン・フィルとストラヴィンスキーの3大バレエ音楽を録音していますが、ここでもオーケストラの高度な合奏力を存分に生かした、緊張感あふれる演奏を展開しています。

EuroArts

Recorded at the Royal Albert Hall, London
©1993 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する