2017年5月6日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

  • サイモン・ホルト
    《スルコス》(初演・財団法人ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団委嘱作品) (10分)

  • アントン・ブルックナー
    交響曲第8番ハ短調(ハース版) (85分)

サー・サイモン・ラトルが、ブルックナーの「交響曲第8番」を指揮しています。ブルックナーの全交響曲の中でも一際モニュメンタルなこの作品は、音のブロックを積み上げてゆく上昇と再び後退する動きとが繰り返されることによって、比類のないエネルギーが獲得されています。第1楽章では、もやに覆われたようなホルンと弦楽器のトレモロによる不気味な響きから最初の主題が立ち現れ、展開部では音楽の力が互いにぶつかり合います。次第にピアニッシモの中で音が消え去るこの楽章のコーダを、作曲家は「あきらめ」と説明しました。牧歌的なトリオを持つスケルツォの後に来るアダージョは、ワーグナーチューバのほの暗い響きに特徴付けられます。第4楽章の展開部で様々な動機の要素が緊密に組み合わさり、さらにコーダでは過去の楽章の主題が重ね合わせられ、圧倒的な幕切れを迎えるのです。

ラトルがベルリン・フィルでブルックナーのこの作品を取り上げるのは、今回が初めて。2012年にオーケストラ・アカデミーの40周年公演で一度だけ振っていますが、ベルリン・フィル本体との演奏はありませんでした。それだけに、力のこもる演奏会となっています。コンサートの冒頭には、BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団のコンポーザー・イン・レジデンスを長年務めたサイモン・ホルトの短い新作《スルコス》が初演されています。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する