1986年サントリー・ホール開場直後のベルリン・フィル来日公演。小澤征爾指揮!

1986年10月30日
サントリー・ホール

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
小澤征爾

  • フランツ・シューベルト
    交響曲第7番ロ短調《未完成》 (27分)

  • リヒャルト・シュトラウス
    《英雄の生涯》 (51分)

  • 無料映像

    サントリー・ホール30周年~ベルリン・フィル団員の思い出(日本語字幕付き) (7分)

日本を代表するサントリー・ホールは、1986年10月12日にオープンしました。デジタル・コンサートホールでは、30周年を記念して開場直後に客演したベルリン・フィルの演奏会映像全曲をアップします。

広く知られている通り、ヴィンヤード型と呼ばれるホールの形態はベルリン・フィルハーモニーによく似ています。これはヘルベルト・フォン・カラヤンが、当時のサントリー社長佐治敬三氏にこの形をすすめたためで、佐治氏はその申し出をすぐに受け入れ、カラヤンを驚かせたと言われます。

1986年10月28~30日に行われたベルリン・フィルのこのホールにおける最初の客演演奏会の指揮には、当然カラヤンが予定されていましたが、公演の直前に病気でキャンセル。急遽小澤征爾が代役に立ち、3回の演奏会を見事に振っています。これは同時に、小澤が日本でベルリン・フィルを指揮した最初の機会であり、その意味でも記念碑的な意味を持つと言えるでしょう。

プログラムは、シューベルトの交響曲第7番《未完成》とR・シュトラウスの《英雄の生涯》。後者のヴァイオリン・ソロは、当時の第1コンサートマスター、安永徹が担当しています。NHKによって収録されたこの映像が、放送以外で公開されるのは今回が初めて。日本の聴衆にとっては様々な意味で感慨深い、この貴重な演奏をぜひお楽しみください。

© NHK

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する