1995年のヨーロッパ・コンサートはメータとサラ・チャンの共演

1995年5月1日
ヨーロッパ・コンサート(フィレンツェ・ヴェッキオ宮殿)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ズービン・メータ

サラ・チャン

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    《フィデリオ》序曲 (8分)

  • ボリス・ブラッハー
    パガニーニの主題による変奏曲 (14分)

  • ニコロ・パガニーニ
    ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調 (20分)

    サラ・チャンヴァイオリン

  • イゴール・ストラヴィンスキー
    《ペトルーシュカ》 (35分)

  • アントニン・ドヴォルザーク
    スラヴ舞曲第8番ト短調 Op. 46-8 (5分)

1995年のヨーロッパ・コンサートは、ズービン・メータの指揮でフィレンツェのヴェッキオ宮殿で開催されました。ベートーヴェンの《フィデリオ》序曲でスタートするプログラムの中核となるのは、ストラヴィンスキーの《ペトルーシュカ》。パガニーニのヴァイオリン協奏曲第1番で登場したのは、当時14歳のサラ・チャンです。初々しくも華麗な彼女の演奏、「1500年代の間」の豪奢な雰囲気と、見ごたえのある映像となっています。

EuroArtsRecorded at the Palazzo Vecchio, Florence
© 1995 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する