1990年4月18日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ズービン・メータ

ヴィヴィアン・ハーグナー, シャロン・カム

  • パウル・ベン=ハイム
    交響曲第1番より第2楽章「詩篇」 (10分)

  • カミーユ・サン=サーンス
    《序奏とロンド・カプリチオーソ》 (10分)

    ヴィヴィアン・ハーグナーヴァイオリン

  • カール・マリア・フォン・ウェーバー
    クラリネットのためのコンチェルティーノ変ホ長調 (9分)

    シャロン・カムクラリネット

  • モーリス・ラヴェル
    《ラ・ヴァルス》 (14分)

  • ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
    交響曲第5番ハ短調 (41分)

ベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサート2020は、イスラエルのテルアビブで開催される予定でしたが、コロナ禍の影響で中止となりました。今回ご紹介するのは、1990年に行われた楽団史上初となったイスラエル・ツアーからの演奏会です。このツアーの最終公演では、ズービン・メータ指揮のもと、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団と合同でベートーヴェンの交響曲第5番などを演奏しました。ベルリン・フィルの歴史に刻まれているコンサートをお聴きください。

映像を観る

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

デジタル・コンサートホール 無料お試し視聴

首席指揮者キリル・ペトレンコのプレイリストを公開中!ベートーヴェン「交響曲第7番」、チャイコフスキー《悲愴》等の全曲が無料でご覧いただけます。

無料で視聴する