コンサート

コンサート解説

ベルリン・フィルに定期的登場するビシュコフの今回のプログラムは、ベリオにウォルトンという通好みな組み合わせです。ベリオは先人の作品を独自に改作するスタイルを打ち出しましたが、今回の《レンダリング》は、シューベルトの「交響曲第10番」のスケッチを土台にした作品です。一方セクエンツァは、ベリオのライフワークとも言える作品群で、14作が残されています。その第7番は、オーボエのための作品。ベルリン・フィルの名ソリスト、アルブレヒト・マイヤーが演奏します。

ウォルトンの交響曲第1番は、1935年に完成された大作です。その作曲の背景には、インマ・フォン・デルンベルクという女性との激しい恋愛があると言われています。この2011/12年シーズン、ベルリン・フィルはイギリス音楽をテーマのひとつとしていましたが、これはそのスタートを飾るものです。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー