コンサート

コンサート解説

ザルツブルク・イースター音楽祭で上演されたサー・サイモン・ラトルとベルリン・フィルによるビゼーの《カルメン》は、2012年のオペラ界でもとりわけ大きな話題を集めました。その《カルメン》が演奏会形式上演としてベルリンにやってきます。特に注目されたのが、 カルメン役のマグダレーナ・コジェナーとドン・ホセ役のヨナス・カウフマン。コジェナーが舞台でカルメンを歌うのは今回のザルツブルクが初めてでした。片やカウフマンは、今欧米で圧倒的な人気を誇るトップスター。ラトルにとっても、《カルメン》はこの時がデビューとなりました。

カルメンは、オペラ史においてもっとも魅惑的な人物造形の一人です。時にエロチックで、時にクール。闇商売に携わりながら、抵抗しがたい魅力的なオーラで人々を虜にする…。このような斬新な役柄は、ビゼーの時代、聴衆にほとんど受け入れられませんでした。しかし、今日では人気オペラとして、不動の地位にあります。

役柄と同様、真実味にあふれているのがその音楽です。心奪われるメロディーと色彩感に満ちながら、聴衆におもねようとして書かれた形跡がありません。その特徴を、フリードリヒ・ニーチェはこう形容しました。「この音楽は私には完璧無比のように思われる。邪悪で、洗練され、破滅をもたらすが、それでいて平易さが保たれている。舞台上で、これほど心痛む悲劇的なアクセントを聴いたことがあるだろうか?」

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー