年末年始特別キャンペーン
12ヵ月チケット購入者全員にK・ペトレンコ指揮の特典DVD+BDをプレゼント!
購入する
インタビュー
2012年6月10日

マリス・ヤンソンス(聞き手:ペーター・ブレム) (14分)

ベルリン・フィルのフレンドの1人と言えるマリス・ヤンソンスが、スメタナ、マルティヌー、ドヴォルザークというチェコ音楽のプログラムで客演します。演奏機会の稀なマルティヌーのヴァイオリン協奏曲第2番を独奏するのは、ドイツ・ヴァイオリン界の雄フランク=ペーター・ツィンマーマン。そしてメインは、ドヴォルザークの《新世界より》です。ヤンソンスの円熟のタクトに期待が掛かります。インタビューの聞き手は、ベルリン・フィルの第1ヴァイオリン奏者、ペーター・ブレムです。

コンサート