年末年始キャンペーン:2枚組特典DVD付き12ヶ月チケット
ご購入者に次期首席指揮者キリル・ペトレンコの非売品DVDをもれなくプレゼント!
注文はこちらから

ネルソンスがフランスものとヴィットマンを指揮。ヴァイオリン協奏曲のソロはテツラフ

2012年10月26日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
アンドリス・ネルソンス

クリスティアン・テツラフ

  • ベンジャミン・ブリテン
    歌劇《ピーター・グライムズ》よりパッサカリア (9分)

  • イェルク・ヴィットマン
    ヴァイオリン協奏曲 (30分)

    クリスティアン・テツラフヴァイオリン

  • クロード・ドビュッシー
    交響詩《海》 (29分)

  • モーリス・ラヴェル
    《ラ・ヴァルス》 (17分)

  • 無料映像

    インタビュー:アンドリス・ネルソンス(聞き手:エスコ・ライネ) (14分)

2010年の定期デビュー以来、すっかりベルリン・フィルの常連指揮者になった観のあるアンドリス・ネルソンス指揮の演奏会です。ブリテンのオペラ処女作《ピーター・グライムズ》は、現代音楽的なオーケストレーションと伝統的なハーモニー構造とが絶妙に結び付いた、20世紀オペラの傑作。今回演奏される第2幕第2場への間奏曲「パッサカリア」は、独立した作品としてもよく取り上げられます。

イェルク・ヴィットマンのヴァイオリン協奏曲は、2007年に初演された現代作品で、ヴァイオリン・ソロに大きな歌が委ねられています。ヴァイオリンは、冒頭と終結部分で無伴奏で演奏し、中間部ではオーケストラが暗みがかった色合いの伴奏を添えています。ヴィットマンはここで、技巧的な華やかさよりも、響きとテンポの微妙な明暗を意図したと言えるでしょう。ソリストを務めるクリスティアン・テツラフは、現代を代表するヴァイオリニストのひとりですが、世界初演の際にも演奏しています。

後半では、フランス印象派の2作品が演奏されます。オーケストラの色彩の限りを尽くした3楽章から成る交響詩《海》。また《ラ・ヴァルス》では、(第1次世界大戦後に崩壊したオーストリア=ハンガリー帝国の象徴である)ウィンナー・ワルツが、グロテスクに変容された形で描かれます。 

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する