T・ツィンマーマンが、ビシュコフ指揮でバルトークのヴィオラ協奏曲を演奏

2010年6月19日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
セミヨン・ビシュコフ

タベア・ツィンマーマン

  • モーリス・ラヴェル
    《クープランの墓》 (20分)

  • ベラ・バルトーク
    ヴィオラ協奏曲 (30分)

    タベア・ツィンマーマンヴィオラ

  • ヨハネス・ブラームス
    交響曲第2番ニ長調 (49分)

  • 無料映像

    タベア・ツィンマーマン(聞き手:ヘルゲ・グリューネヴァルト) (18分)

2009/10年シーズン最後の演奏会では、セミヨン・ビシュコフが客演しています。ハイライトは、タベア・ツィンマーマンの独奏によるバルトーク「ヴィオラ協奏曲」。このほか、ラヴェルの《クープランの墓》、ブラームスの交響曲第2番が演奏されました。

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する