ドゥダメルがバーンスタインとショスタコーヴィチを指揮

グスターボ・ドゥダメルの2018/19年シーズンにおける2回目の客演では、バーンスタイン「交響曲第1番《エレミア》」とショスタコーヴィチ「交響曲第5番」が演奏されました。前者は、1939年から42年の無名時代に書かれ、ユダヤ教の「エレミアの哀歌」を素材にしています。後者は、ショスタコーヴィチの最もポピュラーな作品の一つ。バーンスタインが伝説的名盤を残したことでも知られ、プログラムは彼との関連も暗示しています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

グスターボ・ドゥダメル

タマラ・マンフォード

コンサート解説

© 2018 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー