ドゥダメルがマーラーの《巨人》とモーツァルトの《ポストホルン》を指揮

グスターボ・ドゥダメルがベルリン・フィルの定期演奏会に客演しました。今回指揮したのは、マーラーの交響曲第1番とモーツァルトの「ポストホルン・セレナーデ」。モーツァルトとマーラーは共に民謡の伝統を作曲に取り入れ、従来のジャンルを超える作品を生み出したゆえに、興味深い組み合わせと言えるでしょう。ドゥダメルの意欲あふれる指揮ぶりに、圧倒されます。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

グスターボ・ドゥダメル

コンサート解説

© 2015 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー