クルト・ザンデルリンクがチャイコフスキーとサン=サーンスを指揮

1992年6月8日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
クルト・ザンデルリンク

イェフィム・ブロンフマン

  • カミーユ・サン=サーンス
    ピアノ協奏曲第2番ト短調 (28分)

    イェフィム・ブロンフマンピアノ

  • ドミニコ・スカルラッティ
    ソナタハ短調 K.11 (3分)

    イェフィム・ブロンフマン

  • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
    交響曲第4番へ短調 (51分)

クルト・ザンデルリンクは、セルジュ・チェリビダッケ、ゲオルク・ショルティ、ギュンター・ヴァントらと並び、1912年生まれの伝説的な名指揮者のひとりです。1992年6月にベルリン・フィルの定期演奏会に客演した際、彼は19世紀に生まれた2つの名作を取り上げました。サン=サーンスのピアノ協奏曲第2番では、若きイェフィム・ブロンフマンが輝かしいソロを披露。後半のチャイコフスキーの交響曲第4番は、ザンデルリンクの名刺代わりとも呼べる愛奏曲で、中でもフィナーレでの高揚感は圧巻です。

© 1992 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する