2010年11月22日
シンガポール・エスプラネード劇場

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル

  • セルゲイ・ラフマニノフ
    交響的舞曲 (39分)

  • グスタフ・マーラー
    交響曲第1番《巨人》 (64分)

2010年11月、ベルリン・フィルは、サー・サイモン・ラトルと共に、シンガポールに初めて客演しました。会場となったのは、国立芸術文化施設「エスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイ」。シンガポールらしい近代的な建築(2002年開場)で、2,000席のオペラ・バレエ劇場、1,600席のコンサートホール、リサイタルホール等で構成されています。ラトルは、得意のラフマニノフの「交響的舞曲」と、マーラーの「交響曲第1番」を指揮。緊迫感に溢れる、彼とベルリン・フィルならではの内容となっています。

EuroArtsFilmed at the Esplanade – Theatres on the Bay, Singapore
© 2010 EuroArts Music International

映像を観る

無料でお試し視聴!

無料でお試し視聴!

ラトル指揮によるベートーヴェン「交響曲第4&7番」を無料でご覧ください。

無料お試し視聴する