ティーレマン、ブラームスの「ドイツ・レクイエム」を振る

クリスティアン・ティーレマンが、ブラームスのドイツ・レクイエムを指揮しました。もともと声楽付きの作品に強いティーレマンですが、この作品は、彼独特の重心の低い響きと作品が完璧にマッチし、まさに圧倒的。ドイツの伝統を感じさせる重厚で濃厚な音楽作りに強い印象を受覚えます。クリスティアン・ゲルハーヘルのバリトン・ソロ、及びベルリン放送合唱団の間然とするところのない歌唱も、深い感動を与えます。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

クリスティアン・ティーレマン

ベルリン放送合唱団

シュヴォーン・ステック

クリスティアン・ゲルハーヘル

コンサート解説

© 2015 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー