コンサート

コンサート解説

ダニエル・ハーディング指揮の演奏会では、ソリストの豪華さに目がくらみます。まずベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲の独奏を務めるフランク・ペーター・ツィンマーマン。自ら「ヴァイオリン協奏曲のエベレスト」と呼ぶこの作品をベルリン・フィルと30年ぶりに共演し、完璧無比な演奏を聴かせています。マーラーの《少年の魔法の角笛》のバリトン独唱は、かつてベルリン・フィルのアーティスト・イン・レジデンスも務めたクリスティアン・ゲルハーヘル。フォークソングのような親しみやすさとメランコリーの間を揺れ動くこの歌曲集で、「リート歌唱の白眉」(『デア・ターゲスシュピーゲル』紙)というべき時間を作り出しました。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー