アバドとバレンボイムがブラームスのピアノ協奏曲第2番で共演

ダニエル・バレンボイムは、ベルリン・フィルの名誉指揮者であるのみならず、1964年のデビュー以来、ピアニストとしても定期的に共演しています。1994年のこのコンサートでは、当時の首席指揮者クラウディオ・アバド指揮のもと、ブラームスのピアノ協奏曲第2番を力強く、情熱的に解釈しています。後半のベートーヴェンの交響曲第8番では、魅力的なウィットに富んだ演奏をお聴きいただけます。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

クラウディオ・アバド

ダニエル・バレンボイム

© 1994 TV Man Union, Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー