ラトルとバレンボイムがブラームスのピアノ協奏曲第1番で共演!

ブラームスのピアノ協奏曲第1番ニ短調は、それまでの協奏曲の概念とは大きく異なる、ピアノと管弦楽が交響曲的に融合する極めてヴィルトゥオーゾ風の作品です。2013/14年シーズンにベルリン・フィル・デビュー50周年を迎えたバレンボイムが、サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルとの共演によりこの記念碑的な作品の独奏を務めました。この他の演目は、アイヴズ作曲の《答えのない質問》とR・シュトラウスの《メタモルフォーゼン》。2013/14年シーズンを締めくくる演奏会をお楽しみください。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

ダニエル・バレンボイム

コンサート解説

© 2014 Berlin Phil Media GmbH

関連インタビュー

アーティスト

サー・サイモン・ラトル 首席指揮者 (在任期間 2002-2018)
チャールズ・アイヴズ 作曲
リヒャルト・シュトラウス 作曲
ヨハネス・ブラームス 作曲
ダニエル・バレンボイム 指揮、ピアノ

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金 クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー