サロネンがラヴェル、バルトーク、自作を指揮

フィンランドのエサ=ペッカ・サロネンは、指揮者として、また作曲家として、オーケストラの力を最大限に引き出す方法を熟知しています。2022/23年シーズンのコンポーザー・イン・レジデンスとして、この公演では彼の両方の活動に触れることが出来るでしょう。サロネンのオルガン協奏曲のドイツ初演では、作曲者指揮のもとオリヴィエ・ラトリーがソロを務めます。また、ラヴェルの《マ・メール・ロワ》と《クープランの墓》、バルトークのバレエ《中国の不思議な役人》といった、おとぎ話の世界をお届けします。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

エサ=ペッカ・サロネン

オリヴィエ・ラトリー

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー