ペトレンコがベートーヴェン、ブラームス、シェーンベルクを指揮

ベートーヴェンの交響曲第7番と第9番に続き、キリル・ペトレンコがベルリン・フィルと演奏する第8番は、作曲者が聴衆の期待に応えてユーモアに描いた作品です。また、今回の公演ではブラームス「ハイドンの主題による変奏曲」とシェーンベルク「管弦楽のための変奏曲」という2つの管弦楽変奏曲をお届けします。とりわけシェーンベルクの作品は、彼がブラームスからいかに着想を得ていたかを示しています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

キリル・ペトレンコ

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー