ラトルがリゲティ、B・A・ツィンマーマン、マルティヌーを指揮

リゲティは、カトリックの死者のためのミサから着想を得て、20世紀の偉大な合唱作品のひとつを作曲しました。彼のレクイエムと管弦楽曲《アパリシオン》の刺激的な音響語法を、サー・サイモン・ラトルの指揮でお楽しみください。また、B・A・ツィンマーマンの《ユビュ王の晩餐のための音楽》とマルティヌーのヴィオラ協奏曲(独奏:アミハイ・グロス)では、他の作曲家のレクイエムが引用されています。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

アミハイ・グロス

マケダ・モネ

ドナティエンヌ・ミシェル=ダンサク

ベルリン放送合唱団

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー