ラトルがリゲティ、B・A・ツィンマーマン、マルティヌーを指揮

György Ligeti was inspired by the Catholic mass for the dead to write one of the great choral works of the 20th century. Both his Requiem and his orchestral work Apparitions, conducted here by Sir Simon Rattle, make use of an exciting tonal language. Bernd Alois Zimmermann’s Musique pour les soupers du Roi Ubu and Bohuslav Martinů’s Viola Concerto (soloist: Amihai Grosz) also make covert reference to requiem settings by other composers.

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

サー・サイモン・ラトル

アミハイ・グロス

マケダ・モネ

ドナティエンヌ・ミシェル=ダンサク

ベルリン放送合唱団

© 2022 Berlin Phil Media GmbH

おすすめ映像

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー