ドキュメンタリー

概要

現代を代表する作曲家、ジョン・アダムズは、ベルリン・フィルの2017/18年シーズンの「アーティスト・イン・レジデンス」を務めました。このドキュメンタリーは、その1年の歩みを活写したもの。自ら指揮者としてベルリン・フィルを指揮した経験や、サー・サイモン・ラトルとの友情、ピーター・セラーズとの共同作業、社会派作曲家としての想いなど、アダムズの様々な側面を照らし出した内容です。デジタル・コンサートホールに収録されたアダムズ作品と合わせて観ると、この作曲家への理解が深まる内容となっています。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー