ドキュメンタリー

概要

「繊細でため息をつくようなメロディーを演奏するのに、高弦で合奏するチェロ以上に適した楽器はない(ベルリオーズ『管弦楽法』)」

ルートヴィヒ・クヴァントは、1991年にベルリン・フィルに入団し、93年に第1ソロ・チェロ奏者に就任しました。彼は室内楽奏者、またベルリン・フィルの12人のチェリストたちのメンバーとしても活躍し、ベルリン・フィルや他のオーケストラにソリストとしても登場しています。このポートレートでは、お気に入りのオーケストラ作品のパッセージ、人間の声に似たチェロの響き、そして17世紀クレモナ製のフランチェスコ・ルッジェーリ楽器について語っています。

ヘルプ お問い合わせ
ご利用方法 ニュースレター 教育機関用アクセス ご利用料金について クーポン券
会社情報 ご利用規約 プライバシーポリシー